高松日記


※お知らせ
〜motoGP 第3戦 アメリカズGP〜

モトGP 第3戦はアメリカズGP
このサーキットはマルケス選手にとってとても愛称の良いサーキットの一つです。
今年のレースで優勝すれば7年連続あめりかずGP優勝が手に入る緊張の一戦!!
以下ホンダのHPより記事を抜粋

第3戦アメリカズGPは、青空の広がる絶好のコンディションの中でスタートが切られましたが、Honda勢にとっては厳しい結果が待ち受けるレースとなりました。

初開催の2013年から7年連続ポールポジションを獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)は、ホールショットを奪うと快調にラップを刻み、8周を終えた時点で2位以下に4秒近いリードを築きました。前戦アルゼンチンGP同様、独走状態に持ち込みましたが、9周目の12コーナーのブレーキングをミス、フロントから転倒を喫し、リタイアとなりました。アルゼンチンGPからの2連勝と大会7連覇を逃し、がっくりと肩を落としたマルケスですが、ホームGPとなる次戦スペインGPに向けて、気持ちを切り換えて挑みます。

予選3番手から好スタートを切って3番手につけたカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)も、6周目の11コーナーでブレーキングミス、転倒リタイアとなりました。トップを走るマルケスを視野に、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、ジャック・ミラー(ドゥカティ)、アレックス・リンス(スズキ)と2位争いの集団を形成。ロッシ(ヤマハ)とともに集団をリードしていただけに悔しい転倒となりました。

Repsol Honda Teamで3戦目を迎えるホルヘ・ロレンソは、11番手から決勝に挑みました。スタート直後の1コーナーでポジションを落とし、オープニングラップ13番手と厳しい出だしとなりました。その後、10番手まで追い上げましたが、マシンに不調を感じたことからスローダウン。リタイアとなりました。

こうして、予選上位につけた3選手が次々に戦列を離れるというHondaにとっては厳しい展開となりましたが、Repsol Honda Teamと選手にとってホームGPとなる次戦スペインGPでは、その雪辱に挑みます。

予選15番手から決勝に挑んだ中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が10位でフィニッシュしました。スタート直後の1コーナーの混乱で大きくポジションを落としましたが、粘り強く追い上げ、開幕から3戦連続でトップ10フィニッシュを果たしました。

非常に残念な結果に終わりましたが、次のGPで優勝してくれることを願ってます。

松崎

2019-04-22 17:08:58 更新

※お知らせ
〜異動のご報告〜
いつもお世話になっております。

工場長の小林です。

早速ですが、ホンダドリーム徳島 オープンに伴い
異動することになりました。

2008年より11年の長きに渡り、ありがとうございました。

ホンダドリーム徳島は5月10日よりオープン予定でございます。

これまで同様お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。


ホンダドリーム高松 小林
2019-04-13 15:46:11 更新

※お知らせ
〜桜の季節も後少し〜

二日前の火曜日に道の駅ことなみに行ってきました。

道の駅の周りには所々に桜が咲いててとても綺麗です。
桜によってはそろそろ散り始めている木もありましたので、
見に行かれるお客様はお早めに行って見て下さい。

松崎
2019-04-11 15:25:31 更新

※お知らせ
〜モトGP第2戦アルゼンチンGP〜

3月31日モトGP第2戦アルゼンチンGPが開催されました。
前戦で2位を獲得したマルケス選手が今回どんな走りをしたのか!!
以下、ホンダHPのコメントより抜粋

第2戦アルゼンチンGPは、今季初ポールポジション(PP)を獲得したマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、好スタートから独走、レース中盤には10秒の大量リードを築いてライバルを圧倒すると、終盤には12秒までリードを広げる快走で今季初優勝を達成しました。

フリー走行では、1分38秒から39秒台で連続ラップを刻みました。決勝でも、その走りを見事に再現、2周目に1分39秒426のファステストラップを刻むと、15周目までただ一人1分39秒台で周回して勝負を決めました。

2014年に初めてグランプリが開催されたアウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド。今年で6回目を迎えますが、5回のPPを獲得したマルケスが、サーキットに集まった6万人の観客を魅了しました。

マルケスはこれまで不運の転倒などで決勝では優勝を逃すことが多い大会でしたが、今年はライバルを圧倒する驚速で3年ぶり3回目の大会制覇。この優勝でマルケスは、総合ポイントでも首位に浮上し、4年連続6回目のタイトル獲得に向けて、まずは一歩前進しました。

予選9番手から好スタートを切り、2位争いのグループに加わった中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)が、今季ベストの7位でフィニッシュしました。序盤は9番手を走行。その後、チームメートで先行するカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)が、ジャンプスタートのためライドスルーを受けたことから、中上は8番手へとポジションを上げました。その後、アレックス・リンス(スズキ)に先行を許しましたが、2位争いをするバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)とアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)を2秒差で追撃。表彰台争いを常に視野にいれる快走を見せました。ラストラップに先行するマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)とフランコ・モルビデリ(ヤマハ)が接触転倒したため、7位でフィニッシュ。総合ポイントでも7位に浮上しました。

Repsol Honda Teamで2戦目を迎えたホルヘ・ロレンソは、予選12番手から12位でフィニッシュしました。フリー走行、予選と路面のグリップがあがるにつれて、ペースを上げてきたロレンソでしたが、スタートに失敗、ほぼ最後尾の21番手までポジションを落としました。その後、1分40秒台のペースで追い上げてポイント獲得圏内に復帰、最後は12位までポジションを上げることに成功しました。カタールGPに続き、今大会も満足のいくレースとはなりませんでしたが、これからの走りを期待させる追い上げでした。

予選8番手から好スタートを切って、序盤6番手までポジションを上げたクラッチローは、グリッド上でわずかに動いたことでジャンプスタートの判定となり、4周を終えてライドスルーのペナルティーを科せられ、19番手までポジションを落としました。その後、猛烈な追い上げを見せて13位でフィニッシュしましたが、大会2連覇と開幕からの2戦連続表彰台を狙っていたクラッチローにとっては悔しい結果に終わりました。

マルケス選手は圧倒的な走りで1位獲得はさすがの一言です。

中上選手も今年は調子も良く、2018年モデルのマシンも自身のフィーリングに合ってるのか素晴らしい走りを見せてます。
中上選手には日本人ライダーとして1位表彰台に立つ姿を見せてもらいたいです。

松崎
2019-04-07 16:11:22 更新

※お知らせ
〜定食屋〜
最近、家の近くにある定食屋さんによく行きます。
魚ばぁさんの食堂おくどさんという名前のお店で卵焼きと名前の通りお魚が美味しいおみせです。
注文すると笑顔が素敵な声の小さいおばちゃまが目の前で調理してくれます。

松崎
2019-04-02 17:47:49 更新

 
/62 

お申し込み、お問い合わせは
087-864-5711
Info_Takamatsu@honda-dream.com
TOPへ戻る
Copyright (C) 2004. Honda DREAM CHUSHIKOKU Co., Ltd. All Rights Reserved.