高松日記


※お知らせ
〜神業!!〜

motoGP第17戦オーストラリアGPの初日
この日はタイヤメーカーのテスト日でもありました。
そこで見せたマルケス選手の神業をご紹介します。

上の画像を見て分かるようにこの時マルケス選手のマシンは70.8度もバンクしており、
普通ならこのままマシンが傾いて滑って行ってしまいます。
マルケス選手も諦めましたが、諦める前にスロットルを開けてどうなるか見てみようっと考えたそうです。
結果、マシンは70.8度から垂直に起き上がりマシンを見事立て直しました。
私ならマシンから手を放して受け身を取ろうと考えますが、さすがマルケス選手です。
彼は冗談交じりで日本GPの際に弟のアレックス・マルケス選手が見せたスーパーセーブに刺激を受けたと語っておりました。

松崎
2019-10-28 11:12:14 更新

※お知らせ
〜motoGP 第16戦 日本GP〜

遂にmotoGP 日本GPの開催です。
週間天気予報では予選の日に雨マークが出ており、路面状況が大きく変わる可能性がございました。
予選当日は予報通り雨が降ったことで一時期はウエットコンディションでしたが途中Q1からドライコンディションに変わり、各ライダーの予選がスタートしました。
今大会の見どころはマルケス選手の順位です。
彼の順位によっては日本GPでコンストラクターズタイトルが決定します。

では以下、ホンダのHPより一部抜粋

第16戦日本GPは、今季10回目のポールポジションからホールショットを奪ったマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が、一度はクワッタハッホに抜かれますがすぐさま抜き返したそのあとは見事な走りで首位を独走、24周のレースで真っ先にチェッカーを受けました。この結果、Hondaは4年連続25回目のコンストラクターズタイトルを獲得、2冠を達成しました。

今大会、フリー走行、予選と着実にセットアップを進めたマルケスは、好スタートを切ると2周目に1分45秒台に入れて後続を引き離しました。中盤には2番手を走るファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)に約2.5秒のリードを築いてレースをコントロール。終盤は燃費が厳しくなったために1分56秒台から57秒台にペースを落としましたが、着実な走りでチェッカーを受けました。

前戦タイGPでマルケスがライダースタイトルを獲得、今大会はコンストラクターズタイトルを獲得しました。今年も3冠を目指すHondaは、現在、Repsol Honda Teamが首位のドゥカティを17点差追っており、残り3戦で逆転を狙います。

予選5番手から決勝に挑んだカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)が5位でフィニッシュしました。オープニングラップ6番手につけたクラッチローは、その後8番手までポジションを落としますが、中盤に入ると、ジャック・ミラー(ドゥカティ)、アレックス・リンス(スズキ)、フランコ・モルビデリ(ヤマハ)をかわし5番手に浮上。終盤はミラーとリンスの追撃を振り切って5位でチェッカーを受けました。2年連続で日本GPの表彰台獲得は果たせませんでしたが、し烈な5位争いを制した走りはサーキットに集まったファンを魅了しました。

今大会を終えると右肩の手術のため終盤の3戦を欠場する中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、13番グリッドから熱走を見せて16位でフィニッシュしました。本来の走りにはほど遠いパフォーマンスで、終盤には右肩にしびれが出て一段と厳しい走りを強いられましたが、地元ファンの熱い声援を受け、今季ラストランを走り切りました。ポイント獲得は果たせませんでしたが、痛みを堪えて熱走を見せた中上に大きな拍手が送られました。

日本GPで過去3度優勝しているホルヘ・ロレンソ(Repsol Honda Team)は、フリー走行、予選と不安定なコンディションが続いたため、思うようにセットアップを進めらませんでしたが17位でフィニッシュしました。ポジションは満足できるものではありませんが、ケガから復帰してもっともトップとのタイム差が少ないレースとなり、一歩前進しました。シーズンは残り3戦、Repsol Honda Teamのチームタイトル獲得に向けて全力を尽くすことになります。

マルケス選手のコメントではチームのオーダーより速いペースで走行したことでガス欠になりかけたそうです。
ゴールした後にガス欠していたので本当にぎりぎりだったんだなあと思いました。

松崎
2019-10-21 13:52:56 更新

※お知らせ
〜motoGP 第15戦タイGP〜

本日はmotoGP 第15戦タイGPのレポートお送りします。

タイGPの結果次第で今シーズンのマルケス選手のチャンピオンが確定します。
マルケス選手がチャンピオンを獲得するには現在ランキング2位のドヴィッツオーゾ選手より2ポイント多く獲得するか、優勝すれば文句なしでチャンピオン決定です。
では以下はホンダのHPより一部抜粋

マルク・マルケス(Repsol Honda Team)のタイトル王手で迎えた第15戦タイGPの決勝レースは、予選3番手のマルケスとPPスタートのファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)との一騎打ちとなり、最終ラップに先行するクアルタラロをかわしたマルケスが今季9勝目を達成。同時に最高峰クラスで4年連続6回目のタイトルを獲得しました。

スタートから最終ラップまで、クアルタラロが先行、それをマルケスが追うという展開でした。2人のペースは1分31秒台前半のハイペースで、2人の差は、もっとも差が広がったレース中盤で0.6秒。後半の10ラップは、その差が0.2秒から0.3秒に接近しました。

そして最終ラップを迎えます。前日、予選で転倒を喫し3番手に終わったマルケスは、「明日の決勝は優勝を狙う」とコメントしており、勝ってチャンピオンを決める意気込みでした。その言葉通り、最終ラップの3コーナーでクアルタラロをかわしトップに浮上。そしてチャーン・インターナショナル・サーキットで最大の勝負どころとなる最終コーナーでクアルタラロの逆転を許しますが、クロスラインで立ち上がったマルケスが、0.171秒差で先着。今季9勝目を挙げてチャンピオンを獲得しました。

史上最年少優勝、史上最年少チャンピオン記録はもちろんのこと、これまで数々の記録を更新してきたマルケスですが、今年も多くの記録を樹立しました。史上最年少26歳で最高峰クラス6回目のタイトル獲得、3クラス通算8回目のタイトル獲得など、多くの記録を塗り替えました。また、Hondaライダーでは、これまでミック・ドゥーハン氏の5回が最多獲得記録でしたが、その記録も塗り替えました。

シーズンは残り4戦。Hondaは、次戦日本GPではコンストラクターズタイトルに王手を掛けて挑みます。さらにRepsol Honda Teamは、チームタイトルでもドゥカティとし烈な戦いを繰り広げており、今年も3冠を目指し、チーム一丸となって戦い続けることになります。

予選14番手から好スタートを切った中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、2戦連続トップ10フィニッシュとなる10位でチェッカーを受けました。中上のマシンは、今大会からカーボンスイングアームを装着してレースに挑んでいます。今大会はアルミスイングアームとの比較テストを行いながらの走行でしたが、ホームGPとなる次戦日本GPからは2台ともにカーボンスイングアーム仕様になり、ベストリザルトに挑みます。

予選13番手から決勝に挑んだカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)は、序盤、ブレーキのフィーリングに苦しみペースを上げられず17番手へとポジションを落としましたが、その後、次第にペースを取り戻し、最終的に12位でチェッカーを受けました。

ケガから復帰4戦目となるホルヘ・ロレンソ(Repsol Honda Team)は、高い気温と路面温度に苦戦。ペースを上げることができませんでした。イギリス、サンマリノ、そしてアラゴンと調子を上げてきただけに厳しいレースとなりました。

レプソルホンダ並びにマルク・マルケス選手チャンピオン獲得おめでとうございます。

松崎
2019-10-21 11:34:24 更新

■イベント
〜明日は日本GP〜
明日は待ちに待ったモトGP 日本GPです。
予選は一部雨に降られましたが、
明日は天気が良くなるように願っております。
またタイトル獲得が決定したマルケス選手ですが、
今大会のポイント次第ではコンストラクターズタイトルが決定します。
マルケス選手のコメントでもコンストラクターズタイトルとチームタイトルを目指すコメントを残しております。
是非、三冠達成を目指して頑張ってください。

松崎
2019-10-19 18:15:57 更新

★臨時情報
〜モバイルB+COMアプリ登場!〜

サインハウスからB+COM専用のアプリがリリースされました。
販売されてから大人気のB+COM 6Xがさらに使いやすくなります。
この機会にアプリをご利用してみませんか?
アプリを使用するにはスマホに専用のアプリをインストールする必要がございます。
またB+COMのバージョンを最新の4.0に更新して下さい。
やり方がご不明なお客様は購入された販売店までご相談下さい。

松崎
2019-10-19 18:04:58 更新

 
/71 

お申し込み、お問い合わせは
087-864-5711
Info_Takamatsu@honda-dream.com
TOPへ戻る
Copyright (C) 2004. Honda DREAM CHUSHIKOKU Co., Ltd. All Rights Reserved.